上田恵子 '峠の茶屋'
地歌演奏家 上田恵子 オフィシャルサイト
Profile
http://img-cdn.jg.jugem.jp/73b/297882/20070223_131551.jpg
イベント情報
4/19(fri) 上田恵子と田所ヨシユキ 春に舞う唄と音(ね) スペシャルライブ

START
19:30

入場料
3000円

定員
40名(要予約)
※飲食持ち込み可

会場
yoshidamachi Lily
231-0041
神奈川県横浜市
中区吉田町4-9

TEL045-315-7935
(JR関内駅北口徒歩6分)



4/21(sun)
中村裕介流
SALON LIVE vol.84


GUESTとして参加します

OPEN
16:00

START
17:00

入場料
3500円

定員
40名(要予約)
※飲食持ち込み可

会場
WATER COLOR STUDIO
236-0017
神奈川県横浜市
金沢区西柴1-6-4

TEL045-701-2971
(京浜急行能見台駅より徒歩7分)



4/26(fri)
いとたけらいぶ


尺八:
林 雅寛

箏・三絃・唄:
上田 恵子

START
19:00
演奏開始

入場料
投げ銭

2000円

・オードブル
・お食事
・1ドリンク
※飲食は18:00から可能

定員
40名(要予約)

会場
ターブルドート
220-0055
神奈川県横浜市
西区浜松町1−19

TEL045-315-2504

ON SALE
去り行く夜に、
ここにある日々に。
1st mini album releace
"tsuki no hikari"
上田恵子
1,500yen(税込)

現在CDの売上の全額を
東日本大震災の
義援金として送金致します。

【収録曲】
1 黒髪
2 月の光
3 白鳥
4 戦夜
全4曲収録
TOUGE NO CHAYA Records.
TNC KU-001
RELEASE DATE:2007/11/30
出張ライブ承ります。
和座敷で、ゆっくりと寛ぎながら、昔の日本人が作り出した音楽を聴いて頂きたいのです。
現在、料亭・バーなどの親密感のあるスペースを中心に、ひとり地歌ライブ(三味線古典曲)で活動中。ご希望があれば、お箏の演奏も致します。個人宅でもどこへでも三味線を持って演奏に行きます!
(演奏内容や出演料等は要相談)
問合せ
LIVEの詳細
チケット、CDの購入方法
出演依頼など、
すべてのお問い合わせは
ziuta-keiko-syamisen@nifty.com まで
視聴と文筆
[視聴]
左の再生ボタンをクリックすると視聴可能です。

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
千鳥の曲 1:06

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
黒髪 2:25


アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
春の海 1:18


[文筆など]




少し連載させていただいています。
(2011年6月〜10月)


放送されています。。


ライブでの演奏をビデオで
見ることができます。


CDに収録された音源を
視聴できます
New Entries
Recent Comment
Archives
Links
mobile
qrcode
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
Sponsored links
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
日替わり

食べるお蕎麦は竹輪天蕎麦とほぼ決まっているのに、体調は日替わりメニュー。

 

数日、無理をしないで、歩いたり横になったりしていたせいか、今日は体調が悪くない。

で、さっそく練習開始。

 

やり始めるとそれだけに集中するため、またいつの間にか疲労困憊。

疲れは抜け切れていないのだろう。

 

これからまたどんどんと年を取っていって、やることと体力との兼ね合いが最大の課題。

上手いことやっていかねば。

 

先日のコンサートで、千葉に住む高校同級生の仲良しだった子が、お土産に持って来てくれた「ぴーなっつ最中」。

ワタシはいただいたものは、ひとつ残らず食べてしまう主義です(くださる方の気持ちがつまっています)。

 

20190130_2205188.jpg

 

残りひとつ。

ぴーなっつ最中の向こうに鎮座ましますお福さん、先日立ち寄った和菓子屋さんで買ったものだが、なんか怖い顔やなぁ(;゚Д゚)

 

たぬ、ご馳走様でした!

とっても美味しかった💖

 

疲れた体に、落花生入りの餡がしみました。

 

今週末から福岡。

体調を崩さないよう、しっかりと管理!

 

福岡、めっちゃ楽しみや〜んヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

posted by: 上田恵子 | - | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) |-
いかんですなぁ

今日、横浜市F小学校5年生箏音楽授業。

F小学校の先生方、生徒の皆さん、ありがとうございました。

 

なんだか1月=春の海、みたいなことになっているのだろう。

小学校の授業にかかわらせていただき久しいけれど、教科書の順番がそうなのか、必ず晩秋から年明けに春の海。

 

5年生120人を二つの班にわけての二時間授業。

3時間目と4時間目に「春の海」、「さくらさくら」お箏体験、最後に「ジュピター」を聴いていただきました。

 

まーどの学校の子供たちも可愛い可愛い。

ヤンチャな子もいればおとなしい子も。

 

20190128_2203387.jpg

 

あら・・・

鏡に音楽専科の先生とワタシが映っている・・・

 

お箏の口前がボロボロやん(口前とは、写真のお箏の手前の赤いカバー)。

 

いや、ここずっとコンサートやらなにやらで、そして週末に師匠のところのお弾き染め会も無事終了し、結構ボロボロなワタシ。

小学校の音楽室は4階にあるのだけれど、楽器を4階まで運んだだけで、もうヘロヘロ・・

 

こんなことではいけません( ゚Д゚)

 

今週末から福岡で、その練習もやっとできるというのに。

いつの間にか、目の前のことに体力が追い付かなくなってはいないだろうか・・

 

いかんですなぁ

 

インフルエンザも大流行で、そんな流行にはのりたくない。

睡眠、栄養、手洗い、うがい、この四つは絶対に守る!

 

さて、まだまだこれから。

1つ1つ丁寧に楽しくやっていきましょう!

 

 

 

posted by: 上田恵子 | - | 18:49 | comments(0) | trackbacks(0) |-
地歌Modern vol.5

20日(日)「地歌Modern  vol.5」横浜市岩間市民プラザホールにて開催。

お忙しい中、お越しくださいましたお客様、本当にありがとうございました。

心から感謝いたします。

 

vol.4までは三味線だけだったのですが、今回はお箏も登場。

ギターの諏訪光風氏にくわえ、今回はニューフェイスのマリンバ&パーカッションの服部恵ちゃんとのトリオでおおくりいたしました。

 

マリンバのめぐちゃんははじめて共演させていただきましたが、柔軟で美しい音楽を提供してくれました。

ギターの光風氏は言うまでもなく、素晴らしい。

 

「さくら」、「朧月夜」、はじめての演奏だった「ノクターン」、ここまではお箏。

後半最初の「春の海」もお箏。

ソロ「ノクターン」以外はみんなトリオで演奏。

 

三味線古典「小猿」や「八島」。

古典「八島」の前にはいつもの「八島」語り。

 

この語り、今回のめぐちゃんのパーカッションで、戦闘&お化け感満載。

ありがたや〜〜〜〜

 

いつも本番の前日くらいに、とってつけたようなコーナーを作ってしまう習性なワタシ。

今回、新シリーズ「女はすごいゾ」、これは歴史に名を残す女性にまつわる曲をご紹介。

 

「一葉の恋(樋口一葉を歌った曲)」や「行かないで(さよなら李香蘭、というドラマで玉置浩二さんが歌った)」。

なんとも盛沢山。

 

そしてこれまた新シリーズの「お座敷コーナー」♬

原三渓さん作詞の「濱自慢」も聴いていただきました。

 

横浜市民ならほとんどの人が知っている「横浜市歌」を皆さんで合唱していただき、そのあとに自作の「横浜市歌地歌バージョン」ご披露。

作曲の南先生は芸大の大先輩であり、決して決して南先輩を冒瀆するような気持ちは微塵もございませんです(>_<)

 

お客さま参加コーナーでは、「金毘羅船船」を四人の方々に出てきていただき、光風氏とめぐちゃんを合わせた三人チームで対戦!

すごく強い方がいたなぁ・・・

 

珍しくステージ写真。

金毘羅船船の出場者を募っているの図。

 

20190122_2198033.jpg

 

そして最後はオリジナル「戦夜」。

いつもは三味線でしたが、今回は最初と最後に三味線、そして真ん中の間奏はお箏、という一人二役な演出。

なんか一輪車で綱渡りしながら傘で急須まわして、ラッパ吹いてる感じ・・・

 

お客様の目にはどのようにうつったでしょうか( ゚Д゚)

 

最後はみんなで「ふるさと」合唱。

気持ちよく、終演を迎えることができました。

 

時間を作ってお越しくださったお客様、共演の2人、会場のスタッフの皆さん。

そして、はじめて和装アップや受付、裏方をしてくださったかおりちゃん。

毎回、いろんなお手伝いをしてくれる光風サポートチームのえっちゃんやゆみちゃん。

朝、会場まで楽器やワタシを積んで車で運んでくれた大好きなみやちゃん。

 

本当にありがとうございました。

言葉は軽いです、言葉にできないくらい、感謝です。

 

楽屋撮影。

 

20190122_2198035.jpg

 

これは親子写真ではありません(T_T)

 

この日の着物は、亡き母が着ていたものです。

小学校の教師をしていた母は、卒業式のときなど、よく色無地に袴をはいていました。

そんな母の着物を「わあ、綺麗な色の着物♬いいな〜」と羨ましく見ていました。

 

その当時の母の年齢を、もう越えたかもしれません。

ワタシの音楽の一番の応援団長だった母。

 

そのお母さんの着物、着たよ。

ありがとね。

 

いろんな人に支えられているからこそ、できる。

 

珍しく、高校同級生が(同級生の姉妹もふくめ)4人も勢ぞろい!

ぜーーーーーんぜん変わってないやん!みんな♬

 

懐かし人達も駆けつけてくれた。

なんという幸せものだ、ワタシ。

 

朝、玄関にはいただいたお花たちが豪華絢爛な姿を披露💖

 

20190122_2198031.jpg

 

 

 

 

 

 

 

posted by: 上田恵子 | - | 19:15 | comments(0) | trackbacks(0) |-
初詣

今日やっと、初詣。

 

なんだか新年に突入してから一段と慌ただしく、今日午後、近くの氏神様にお参りに行ってきました。

 

20190109_2187866.jpg

 

諏訪神社。

だーれもおらず、たった一人でお参り。

 

世間からはかなり遅れての初詣だったが、やっと達成。

神様、すみません・・・

 

慌ただしいなか、ほっこりとするプレゼント。

お稽古の生徒さんからいただいた、お菓子とタオル。

 

20190105_2184602.jpg

 

可愛いんだな、これが💖

ワタシってやっぱり女子♬

こういうものにテンションが上がる〜〜〜

 

そして昨日。

これもまたテンション上げ上げ。

Hーさん、ありがとう💛

 

20190108_2187118.jpg

 

なんか写真の向きがちょっと、、な感じだけど・・

 

可愛いものたちに囲まれて生活できる喜び。

ワタシも可愛くなれるかしらぁ〜〜〜〜〜

 

巷ではインフルエンザが大流行。

インフルでなくても、風邪にかからないように、普段よりもたくさん食べて体力温存。

そして脂肪も温存&増量。

 

20日の「地歌Modern  vol.5」まであと10日ほど。

脂肪増量で、可愛くなったワタシ(冗談でもここまで書くと自分が嫌いになっちゃう・・( ゚Д゚))に会いに来てくださいませヽ(^。^)ノ

 

 

posted by: 上田恵子 | - | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) |-
謹賀新年

あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願いいたします。

 

昨年もいろんな方とのご縁ができ、感謝でございました。

今年もまた、繋がりを大切に、精進していきたいと思います。

 

年末最後の最後でトラブルにみまわれましたが、なんとか無事に終了いたしました。

 

最近、なにかが起こり、怒りとか悲しみとかそういう類の感情を、パッと気持ちから切り離す術をおぼえました。

そういうものを抱え続けていると、一番損をするのは自分だと気が付きました。

 

だいたい、ヘビーなものを抱え続けられる体力も気持ちも、低下の一途を辿っていることが最大の原因でもあるのですが。

 

そして振り返ってみると、たいがいは自分の責任だったりするのです。

自分を甘やかしてはダメですね。

 

まわりに寛容で自分に厳しい。

今年はもっと叩き込んでいきたいと思っています。

 

これだけは作っています。

黒豆。

 

20190101_2181797.jpg

 

今年もまめまめしくしっかりと音楽に励んでいきたいです。

そして欲をいえば、どなたかの役に立つことのできる人になりたい。

 

さあ!新しい年のはじまり!

しっかりと前をむいて、また一歩一歩前進前進ヽ(^。^)ノ

 

posted by: 上田恵子 | - | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) |-
コンサートのお知らせ

今朝の朝日新聞横浜版に1月20日の「地歌Modern  vol.5」の記事が掲載されました。

 

20181227_2177690.jpg

 

Oさん、Y子さん、ありがとうございました(^^)/

皆様、お時間がございましたら、是非お越しくださいませヽ(^。^)ノ

posted by: 上田恵子 | - | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) |-
笑顔笑顔!

忙しくて慌ただしいときこそ、笑顔。

 

練習すべき曲が多すぎて、もうやんなっちゃうよ

 

いやーこんなことを言ってる人は人生損しますねー

 

背中に重い荷物を背負ったように、どーんと暗い顔で過ごすことはなんと勿体ないことか!

楽しいはずの音楽、どんな状況でも楽しまなくっちゃ。

 

楽しい気持ちで練習を重ねれば、それだけ充実したものが身につくはず。

思い方感じ方ひとつで、天国にも地獄にも。

 

そんな合間に、大さん橋の「お見送りイベント」見学へ。

 

20181226_2177110.jpg

 

写真、ぶれまくってる。

 

この日は飛鳥兇離錺鵐妊ぅルージング。

17時に出港。

それまで降っていた小雨も上がり、どこから湧いてきたのか、沢山の人々がペンライトを片手に「いってらっしゃーい!」と手をふってお見送り。

 

偶然、そのとき友人が飛鳥に乗船。

あたりは薄暗く、結局見つけられなかったけれど、なんとも風情のあるお見送りだったことか。

 

見送る人たちも、たぶん飛鳥に知っている人はおらず、でも一生懸命に手をふってお見送り。

岸壁から徐々にはなれてゆく飛鳥を見ながら、涙ぐむ。

 

前世に、船の辛い別れがあったのだろうか・・・

 

いやはや、皆さんも一度大さん橋のお見送りに行ってみてください。

みなとみらいの夜景も美しく、なんとも心があたたまるイベントです。

 

最近の朝ドラ「まんぷく」では、まんぺいさんとふくちゃんが頑張っても頑張っても辛い状況に。

そんなとき、三田村会長に「生きていれば希望はある、どんなときでも笑っていなさい」と言われる。

 

説得力ばりばり!!!

そうなのだ。

生きてさえいれば、状況はいつか変わるかもしれない。

 

それを信じて、日々努力。

 

笑う門には福来る。

 

年をとって、いつの間にか、小さな幸せを見つけることが上手になった。

ときには海底2万マイルまで落ちてネモ艦長に会いに行くこともあるが、ワタシは日々幸せ。

 

苦しくらいのめり込める音楽があってよかった。

苦しみを1つ1つ越えてゆくと、どんどん強くなれる気がする。

 

明日も笑顔。

顔に笑い皺いっぱい作って、陽気(妖鬼じゃないよ・・)なオバアチャン目指せ( `ー´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

posted by: 上田恵子 | - | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) |-
シュワッチ

気合を入れるウルトラマンの掛け声。

 

師走に入り、毎日バタバタ。

やらなければならないことの隙間に、今はやらなくてもいいことを入れたり、でもそれが上手くいかずに時間だけ食ってしまったり。

 

そろそろ日程時間割をしっかりと決めて挑まねばならん。

やっつけで出来ることは1つもない。

 

1月20日「地歌Modern  vol.5」、このスタイルのコンサートでははじめて箏を弾く。

しかも珍しく、三味線よりも箏の出番のほうが多いかも。

 

日々修行。

 

20181216_2168064.jpg

 

来年の古典演奏会や師匠のところの勉強会など、暗譜もさることながら、普段は古典ばかり弾いているワタシにとって、今どきの曲は練習を要する。

 

箏の口前に描かれたトンボ。

勝ち虫ともいわれるらしい。

どうか勝ってくれぃ。。(何に勝ちたいのか・・・)

 

まあそうは言うものの、演奏会やコンサート、大小かかわらずどんなことも、1つ1つが毎回全力投球。

年とともに、体力に反比例し、これでもかぁ〜〜〜〜〜ってくらいやらねば気が済まぬ。

 

そしてやっているうちに、それがかなりのお楽しみになるのだから不思議。

そういえば、ピアニストの友達が「本番までもう軽いうつ状態だったのに、本番が終わったらまた弾きたくなるのよね〜💛」

 

軽いうつ状態まで自分を追い込んで、本番で楽しむ。

みんな同じやわ。

 

生活すべてがミュージック。

 

焦る反面、ワクワクもとまらない。

なんと幸せなことだろうか。

 

その混沌としたなか、「佃女子会💖忘年会」へ。

佃の女子たちは素晴らしく魅力的。

 

みんな人に媚びることなど無縁で、真摯に人生と向き合い、尚且つカッコよく生きている。

ワタシの理想の女子たちなのだ。

 

久しぶりの月島。

電車を降り、地上に出たときのあの「うっわーやっぱ中央区、大都会やー」感。

 

そして懐かしい道を歩き、会場へ。

J子さん宅に、勇ましき女子たちが集う。

 

すべて手作りの素晴らしい食卓。

中でも、J子さんお手製の「塩釜豚」。

 

20181216_2168066.jpg

 

平成最後の忘年会。

ふうさんお手製オリジナルデザートは、どこそこの高ーいケーキの10倍美味しかった。

 

20181216_2168068.jpg

 

佃女子の皆さん、ありがとうございました!

元気をいーっぱいいただきましたヽ(^。^)ノ

 

さて、ワタシもシュワッチと気合を入れて、今年を駆け抜けるぞー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: 上田恵子 | - | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) |-
満喫

昨日、横浜高島屋7階美術画廊にて「安藤和夫・安藤ニキ展〜木工・絵画」最終日。

駆け込みのギリギリセーフで行ってきました。

 

3時をまわったころ、高島屋7階の美術画廊へ。

入り口のところのニキさんが立っていて、「あらーギリギリセーフでしたねー」

 

4日が最終日、そして最終日は4時まで。

 

ニキさんの作品で「ああ、いいな〜」と思うものはすでに売約済み。

そんな売約シールのはられている絵画がたくさん。

 

ワタシは安藤さんの作品のファンで、いまお稽古部屋にある一脚の椅子は一目ぼれして購入した。

安藤さん作「お厨子」も素晴らしく、これはお金をためて買おう。

 

そして今回の初「安藤親子展」のコラボレーション。

工芸と絵画がマッチした素晴らしい空間でありました。

 

安藤さんと作品たち。

 

20181205_2158827.jpg

 

木の作品に、ニキさんのブルー。

本当に美しかった。

 

安藤さん、ニキさん、ありがとうございました!

お疲れ様でございました!

 

そして今日。

ワタシの住んでいるS駅の隣の大和にて、お友達のあっこちゃんことピアニストの蓼沼明子さんのコンサート開催。

 

「蓼沼明子と仲間たち」の第三部。

 

20181205_2158824.jpg

 

午前から、一部二部三部と、なんと三部コンサート。

赤ちゃんも一緒に楽しめる充実したコンサートでした。

 

三部はクリスマスソングを中心に、ハンドベルや鈴を会場の聴衆も持って参加し楽しむ。

一緒に歌を歌う。

 

これには、薄田音楽隊の打楽器担当の真樹ちゃんも出演。

もうすごくたのしかったのでしたヽ(^。^)ノ

 

本当は音楽を聴きたいのに赤ちゃんや小さい子がいて行かれない。

たぶんそんな方は沢山いらっしゃるのではないだろうか。

 

すこしくらい赤ちゃんが「わーん!」と泣いても、「いーよいーよ!」ってコンサートがあったら、ワタシも行きたかった。

きっと赤ちゃんもお母さんも、とっても幸せな時間だったはず。

 

ワタシもいつか、こういうコンサートをやってみたい。

 

あっこちゃん、のぞみさん、真樹ちゃん、そしてお手伝いのきよぴー、帰り楽器の運搬の真さん、お疲れ様でした!

とってもあたたかい素晴らしいコンサートでした。

行ってよかった💖

 

工芸・絵画に音楽。

心も体も爽やかに元気に満喫(^^)/

 

 

 

 

posted by: 上田恵子 | - | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) |-
個展&女子会

お誘いいただき、昨日「坂道と横浜」坂下さんの個展へ、日本大通りにある「ギャルリーパリ」へ。

 

20181123_2148034.jpg

 

20181123_2148031.jpg

 

坂下さんは画家でもあるけれど、詩や歌も創作し、その曲のミニコンサートも開催。

音楽と絵画、ダブルのお楽しみ。

 

20181123_2148023.jpg

 

20181123_2148016.jpg

 

中腰が辛いお年頃。

は、はやく撮ってくれぇ・・・・・・・

 

なんとも心地よい空気にふれた後は、中華街でお夕飯。

ちょうどお祭りをやっていたらしく、祝日ということもあり、人がいっぱい。

 

20181123_2148038.jpg

 

20181123_2148036.jpg

20181124_2148665.jpg

 

そして「許厨房」さんでかんぱーい♬

 

20181123_2148029.jpg

 

このあと、ワタシが五目麺を取り分けようとしていることろを、この横にいる人が・・・

 

20181123_2148027.jpg

 

だれやだれやぁ〜〜〜〜〜仕事中に胸んとこ手ぇおくヤツぁ〜〜〜〜〜〜〜

 

このようにして、楽しい時間は過ぎていったのでした💖

 

みんな日々、それぞれに降ってわいたような困りごとや辛いことがある。

少しは胸の片隅にうれしくないことを置いておいても、みんなでハハハハハ〜〜〜♬と笑い合える仲間って素晴らしい。

 

職種も生活もみんなそれぞれ。

しかし、たまに集える横浜のウーマンパワーはすごいのだヽ(^。^)ノ

 

心も体もぽっかぽかで、夜道をひとり「むふふ(^^♪」と笑って帰る不気味なオバちゃんでした〜

 

posted by: 上田恵子 | - | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) |-