上田恵子 '峠の茶屋'
地歌演奏家 上田恵子 オフィシャルサイト
Profile
http://img-cdn.jg.jugem.jp/73b/297882/20070223_131551.jpg
イベント情報
4/19(fri) 上田恵子と田所ヨシユキ 春に舞う唄と音(ね) スペシャルライブ

START
19:30

入場料
3000円

定員
40名(要予約)
※飲食持ち込み可

会場
yoshidamachi Lily
231-0041
神奈川県横浜市
中区吉田町4-9

TEL045-315-7935
(JR関内駅北口徒歩6分)



4/21(sun)
中村裕介流
SALON LIVE vol.84


GUESTとして参加します

OPEN
16:00

START
17:00

入場料
3500円

定員
40名(要予約)
※飲食持ち込み可

会場
WATER COLOR STUDIO
236-0017
神奈川県横浜市
金沢区西柴1-6-4

TEL045-701-2971
(京浜急行能見台駅より徒歩7分)



4/26(fri)
いとたけらいぶ


尺八:
林 雅寛

箏・三絃・唄:
上田 恵子

START
19:00
演奏開始

入場料
投げ銭

2000円

・オードブル
・お食事
・1ドリンク
※飲食は18:00から可能

定員
40名(要予約)

会場
ターブルドート
220-0055
神奈川県横浜市
西区浜松町1−19

TEL045-315-2504

ON SALE
去り行く夜に、
ここにある日々に。
1st mini album releace
"tsuki no hikari"
上田恵子
1,500yen(税込)

現在CDの売上の全額を
東日本大震災の
義援金として送金致します。

【収録曲】
1 黒髪
2 月の光
3 白鳥
4 戦夜
全4曲収録
TOUGE NO CHAYA Records.
TNC KU-001
RELEASE DATE:2007/11/30
出張ライブ承ります。
和座敷で、ゆっくりと寛ぎながら、昔の日本人が作り出した音楽を聴いて頂きたいのです。
現在、料亭・バーなどの親密感のあるスペースを中心に、ひとり地歌ライブ(三味線古典曲)で活動中。ご希望があれば、お箏の演奏も致します。個人宅でもどこへでも三味線を持って演奏に行きます!
(演奏内容や出演料等は要相談)
問合せ
LIVEの詳細
チケット、CDの購入方法
出演依頼など、
すべてのお問い合わせは
ziuta-keiko-syamisen@nifty.com まで
視聴と文筆
[視聴]
左の再生ボタンをクリックすると視聴可能です。

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
千鳥の曲 1:06

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
黒髪 2:25


アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
春の海 1:18


[文筆など]




少し連載させていただいています。
(2011年6月〜10月)


放送されています。。


ライブでの演奏をビデオで
見ることができます。


CDに収録された音源を
視聴できます
New Entries
Recent Comment
Archives
Links
mobile
qrcode
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Sponsored links
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
中華街まちなかキャンパス

22日月曜日、横浜商科大学主催「中華街まちなかキャンパス」公開講座、第12回目「腰鼓と地歌三味線・〜日中伝統芸能の華麗な競演〜」開催。

ご参加くださいました皆さま、教授の佐々先生、根本さん、学生の皆さん、本当にありがとうございました。

心から感謝いたします。

 

昨年7月、作家の山崎洋子さんと、今回も講師をつとめられた馬晶さんの「中華街まちなかキャンパス」のトーク講座に参加させていただいた。

思えばそのとき打ち上げで、「腰鼓と三味線のコラボとかできると面白そうですよね〜」とかなんとか言ったような気がする。

 

それが実現した。

 

馬晶さんは、ワタシもゲストで出演させていただいた「大人倶楽部・中村裕介サロンライブ」主催者の裕介さんの奥様でいらっしゃる。

ワタシのことを「けいこちゃん」とよび、ワタシは「マショーさん」とよばせていただいている。

 

なのでとってもうちとけやすく、なによりも話しやすい。

 

それでも最初は、「どうしたもんかいのぅ」と、初の試みであったため案じていたけれど、進み始めるとスーイスイ。

 

中国の伝統芸能である「腰鼓」と日本の伝統芸能の「地歌三味線」とのコラボレーション。

まずはそれぞれの歴史から。

 

20190724_2341903.jpg

 

馬晶さんが素敵なテキストを作成してくださり、プロジェクターにて説明。

 

20190724_2341849.jpg

 

ざっと皆さんに楽器の歴史をお話することはあっても、深く歴史を掘り下げてみることはなかった。

いやー調べてみると面白い面白い!

 

講座の半分をこのように座学の時間にあて、残りの時間はいよいよ初のコラボレーション♬

 

20190724_2341851.jpg

 

まずは、横浜ならでは「濱自慢」を三味線で弾いて、それにオリジナルの振り付けをした腰鼓の舞。

次は、「鼓舞中国」という中華の曲を、ワタシが三味線で弾いて、腰鼓の舞。

なんともこれがマッチするのだ💖

 

「鼓舞中国」はテンポの速い曲で腰鼓の華麗な舞にあう。

「濱自慢」はゆっくりとした和の曲ではあるのだが、すごく上手に振り付けられていてびっくり!

 

競演の後は、参加者の方々の、腰鼓体験。

「鼓舞中国」の最初の振り付けを、みんなで舞う、ワタシは三味線。

 

20190724_2341853.jpg

 

大盛り上がりで無事に終了。

ご参加くださった皆様、ありがとうございました!

 

その昔、日本はいろんな面で中国に憧れをいだいていた。

少しでも中国から輸入し吸収したいと頑張った。

 

古代中国の音楽理念は「中和(融合)」。

これはなにより、お互いの敬愛と信頼がなせるわざ。

 

中国から渡ってきた音楽や楽器を日本独自のものに変化させ、今に至る。

そして、今を生きるワタシたちがお互いの芸能で融合させた。

 

なんとも素敵な時間でございました。

 

これで終わりではありません。

きっとこれからもまた、楽しく融合することができるでしょう。

 

馬晶さん、腰鼓隊の皆さん、これからも宜しくお願いいたします(^^)/

 

20190724_2341858.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: 上田恵子 | - | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:14 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://tougenochaya.jugem.jp/trackback/3069
トラックバック