上田恵子 '峠の茶屋'
地歌演奏家 上田恵子 オフィシャルサイト
Profile
http://img-cdn.jg.jugem.jp/73b/297882/20070223_131551.jpg
イベント情報
4/19(fri) 上田恵子と田所ヨシユキ 春に舞う唄と音(ね) スペシャルライブ

START
19:30

入場料
3000円

定員
40名(要予約)
※飲食持ち込み可

会場
yoshidamachi Lily
231-0041
神奈川県横浜市
中区吉田町4-9

TEL045-315-7935
(JR関内駅北口徒歩6分)



4/21(sun)
中村裕介流
SALON LIVE vol.84


GUESTとして参加します

OPEN
16:00

START
17:00

入場料
3500円

定員
40名(要予約)
※飲食持ち込み可

会場
WATER COLOR STUDIO
236-0017
神奈川県横浜市
金沢区西柴1-6-4

TEL045-701-2971
(京浜急行能見台駅より徒歩7分)



4/26(fri)
いとたけらいぶ


尺八:
林 雅寛

箏・三絃・唄:
上田 恵子

START
19:00
演奏開始

入場料
投げ銭

2000円

・オードブル
・お食事
・1ドリンク
※飲食は18:00から可能

定員
40名(要予約)

会場
ターブルドート
220-0055
神奈川県横浜市
西区浜松町1−19

TEL045-315-2504

ON SALE
去り行く夜に、
ここにある日々に。
1st mini album releace
"tsuki no hikari"
上田恵子
1,500yen(税込)

現在CDの売上の全額を
東日本大震災の
義援金として送金致します。

【収録曲】
1 黒髪
2 月の光
3 白鳥
4 戦夜
全4曲収録
TOUGE NO CHAYA Records.
TNC KU-001
RELEASE DATE:2007/11/30
出張ライブ承ります。
和座敷で、ゆっくりと寛ぎながら、昔の日本人が作り出した音楽を聴いて頂きたいのです。
現在、料亭・バーなどの親密感のあるスペースを中心に、ひとり地歌ライブ(三味線古典曲)で活動中。ご希望があれば、お箏の演奏も致します。個人宅でもどこへでも三味線を持って演奏に行きます!
(演奏内容や出演料等は要相談)
問合せ
LIVEの詳細
チケット、CDの購入方法
出演依頼など、
すべてのお問い合わせは
ziuta-keiko-syamisen@nifty.com まで
視聴と文筆
[視聴]
左の再生ボタンをクリックすると視聴可能です。

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
千鳥の曲 1:06

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
黒髪 2:25


アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
春の海 1:18


[文筆など]




少し連載させていただいています。
(2011年6月〜10月)


放送されています。。


ライブでの演奏をビデオで
見ることができます。


CDに収録された音源を
視聴できます
New Entries
Recent Comment
Archives
Links
mobile
qrcode
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
Sponsored links
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
意義

昨日、横浜市保土ヶ谷区G小学校にて、4年生「お箏鑑賞&体験教室」開催。

G小学校校長先生はじめ、音楽専科の先生、4年生担任の先生方、そして昨年に引き続きお話をくださいました横浜岩間プラザのNさん、ありがとうございました。

 

岩間プラザのNさんにお話をいただいてからずっと「どうしようー行ったことないー行けるだろうかー車だーこわいー(T_T)」と心配していたのだが。

知り合いの方に、うちから小学校までの道のりを詳しく教えていただいたのと、授業のお手伝いをしてくれたYちゃんが、家族ご近所さんをあげて入念に行き帰りの道をシュミレーションしてくれ、優秀なナビになってくれたお陰で、渋滞に巻き込まれることもなく、スムーズにいったのであった!

 

というわけで、余裕のよっちゃんで小学校到着。

 

この学校の建物は以前、フランス人の方の別荘だということで、学校らしからぬ迷路のようなつくり。

小学校にしては変わったつくりになってはいるけれど、なかなか素敵なのでした。

 

でも、ひとりで校内を歩いていると、確実に迷子。

 

床の綺麗な明るい音楽室で、2時間目3時間目4時間目の3クラスの授業。

 

20190702_2331087.jpg

 

「春の海」を聴いていただき、楽器や楽譜、箏の弾き方の説明をし、さあみんなで「さくらさくら」を体験!

みんな、とても素直に元気に弾いてくれたのでありました。

 

そして、体験後はYちゃんと「さくらさくら」の二重奏と、「世界にひとつだけの花」を演奏。

「世界にひとつだけの花」を弾いていると、何人かの子が、体を揺らしながら楽しそうに聴いてました(*^^)v

 

最後は質問コーナー。

純粋な質問から、「おお!そこ?!」というものまで、子供たちの疑問はつきません。

 

本当に本当に、ワタシにとっては大切な時間。

 

ワタシの授業では、「みんな、どこに座っても立って聴いてもいいよ。でも途中で飽きたからって、お隣の人とコショコショおしゃべりしたりしないでね。ワタシも一生懸命に演奏するから、みんなも、思いやりをもって聴いてください!」とお願いする。

 

そして「はい、移動!」というとだいたい半分くらいの子は楽器のすぐ傍に座る。

少し後ろで立ってる子もいる。

 

授業中だからお行儀良く聴かなきゃ、も大事だけれど、聴きたい場所で興味を持って聴いてもらいたい。

そのほうが楽しいような気がするのです。

 

子どもたちは、楽器やら手元やらワタシの顔やら、それは興味深そうに見ている。

 

今の大人でもなかなか知らない日本の音楽。

でも、子供たちには知ってもらい、次の世代へ伝えてもらいたい。

 

目の前で見て聴いて、そして自分でも弾いてみる。

機械を通して流れてくる音ではなく、同じ空間の中で感じて聴く音。

 

演奏者の表情や思いまで空気を通して相手に伝わること。

 

そんな経験を、日本中の子供たちに体験してほしい。

 

時間がないのに、質問コーナーで手をあげる子供全員にこたえてあげたく、押してしまう。

「4時間目は時間通りに終わらないと、給食がありますので・・・」なんて注意をうける(T_T)

 

楽器を通して、子供と向き合うことは、なんと素晴らしいことか。

これは仕事のなかでも、とてもとても意義のあること。

 

お昼過ぎ、小学校を出て帰路につく。

途中、お腹が空いたのでランチ。

 

20190702_2331089.jpg

 

駅蕎麦ばかりじゃぁござ〜せんことよ。

「海老とアボカドのレモンパスタ」(見たまんまやん)。

 

美味しかった〜〜〜

Yちゃん、お疲れ様でした!

ありがとう💛

 

そして今日。

この季節になると出てくる蕁麻疹。

 

いつもの皮膚科はあまりにも混むので、病院をかえようかと思ったが、もう何年も行ってるしなぁ、といつもの病院へ。

 

なななーーーんっと!!!

「イネ科のアレルギーじゃないですか?」ということ!

 

しかも、先日いただいた、もうかなり熟したメロンを朝昼食したところ、喉ヒリヒリと夕方から腹痛。

「腹痛はアナフィラキシーでしょう。」だってーーーー( ゚Д゚)

 

メロン・キウイ・オレンジ・スイカなどはダメ(T_T)

玉ねぎなども生食はやめたほうがいい(>_<)

 

いやしかし。

病院はあまりかえないほうがいいと実感。

何年も通ったお陰で、イネ科アレルギーがわかったのだから・・・

 

これも意義あり、ですなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: 上田恵子 | - | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 15:33 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://tougenochaya.jugem.jp/trackback/3051
トラックバック