上田恵子 '峠の茶屋'
地歌演奏家 上田恵子 オフィシャルサイト
Profile
http://img-cdn.jg.jugem.jp/73b/297882/20070223_131551.jpg
イベント情報
4/19(fri) 上田恵子と田所ヨシユキ 春に舞う唄と音(ね) スペシャルライブ

START
19:30

入場料
3000円

定員
40名(要予約)
※飲食持ち込み可

会場
yoshidamachi Lily
231-0041
神奈川県横浜市
中区吉田町4-9

TEL045-315-7935
(JR関内駅北口徒歩6分)



4/21(sun)
中村裕介流
SALON LIVE vol.84


GUESTとして参加します

OPEN
16:00

START
17:00

入場料
3500円

定員
40名(要予約)
※飲食持ち込み可

会場
WATER COLOR STUDIO
236-0017
神奈川県横浜市
金沢区西柴1-6-4

TEL045-701-2971
(京浜急行能見台駅より徒歩7分)



4/26(fri)
いとたけらいぶ


尺八:
林 雅寛

箏・三絃・唄:
上田 恵子

START
19:00
演奏開始

入場料
投げ銭

2000円

・オードブル
・お食事
・1ドリンク
※飲食は18:00から可能

定員
40名(要予約)

会場
ターブルドート
220-0055
神奈川県横浜市
西区浜松町1−19

TEL045-315-2504

ON SALE
去り行く夜に、
ここにある日々に。
1st mini album releace
"tsuki no hikari"
上田恵子
1,500yen(税込)

現在CDの売上の全額を
東日本大震災の
義援金として送金致します。

【収録曲】
1 黒髪
2 月の光
3 白鳥
4 戦夜
全4曲収録
TOUGE NO CHAYA Records.
TNC KU-001
RELEASE DATE:2007/11/30
出張ライブ承ります。
和座敷で、ゆっくりと寛ぎながら、昔の日本人が作り出した音楽を聴いて頂きたいのです。
現在、料亭・バーなどの親密感のあるスペースを中心に、ひとり地歌ライブ(三味線古典曲)で活動中。ご希望があれば、お箏の演奏も致します。個人宅でもどこへでも三味線を持って演奏に行きます!
(演奏内容や出演料等は要相談)
問合せ
LIVEの詳細
チケット、CDの購入方法
出演依頼など、
すべてのお問い合わせは
ziuta-keiko-syamisen@nifty.com まで
視聴と文筆
[視聴]
左の再生ボタンをクリックすると視聴可能です。

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
千鳥の曲 1:06

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
黒髪 2:25


アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
春の海 1:18


[文筆など]




少し連載させていただいています。
(2011年6月〜10月)


放送されています。。


ライブでの演奏をビデオで
見ることができます。


CDに収録された音源を
視聴できます
New Entries
Recent Comment
Archives
Links
mobile
qrcode
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Sponsored links
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
笑顔笑顔!

忙しくて慌ただしいときこそ、笑顔。

 

練習すべき曲が多すぎて、もうやんなっちゃうよ

 

いやーこんなことを言ってる人は人生損しますねー

 

背中に重い荷物を背負ったように、どーんと暗い顔で過ごすことはなんと勿体ないことか!

楽しいはずの音楽、どんな状況でも楽しまなくっちゃ。

 

楽しい気持ちで練習を重ねれば、それだけ充実したものが身につくはず。

思い方感じ方ひとつで、天国にも地獄にも。

 

そんな合間に、大さん橋の「お見送りイベント」見学へ。

 

20181226_2177110.jpg

 

写真、ぶれまくってる。

 

この日は飛鳥兇離錺鵐妊ぅルージング。

17時に出港。

それまで降っていた小雨も上がり、どこから湧いてきたのか、沢山の人々がペンライトを片手に「いってらっしゃーい!」と手をふってお見送り。

 

偶然、そのとき友人が飛鳥に乗船。

あたりは薄暗く、結局見つけられなかったけれど、なんとも風情のあるお見送りだったことか。

 

見送る人たちも、たぶん飛鳥に知っている人はおらず、でも一生懸命に手をふってお見送り。

岸壁から徐々にはなれてゆく飛鳥を見ながら、涙ぐむ。

 

前世に、船の辛い別れがあったのだろうか・・・

 

いやはや、皆さんも一度大さん橋のお見送りに行ってみてください。

みなとみらいの夜景も美しく、なんとも心があたたまるイベントです。

 

最近の朝ドラ「まんぷく」では、まんぺいさんとふくちゃんが頑張っても頑張っても辛い状況に。

そんなとき、三田村会長に「生きていれば希望はある、どんなときでも笑っていなさい」と言われる。

 

説得力ばりばり!!!

そうなのだ。

生きてさえいれば、状況はいつか変わるかもしれない。

 

それを信じて、日々努力。

 

笑う門には福来る。

 

年をとって、いつの間にか、小さな幸せを見つけることが上手になった。

ときには海底2万マイルまで落ちてネモ艦長に会いに行くこともあるが、ワタシは日々幸せ。

 

苦しくらいのめり込める音楽があってよかった。

苦しみを1つ1つ越えてゆくと、どんどん強くなれる気がする。

 

明日も笑顔。

顔に笑い皺いっぱい作って、陽気(妖鬼じゃないよ・・)なオバアチャン目指せ( `ー´)ノ

 

 

 

 

 

 

 

posted by: 上田恵子 | - | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 18:28 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://tougenochaya.jugem.jp/trackback/2932
トラックバック