上田恵子 '峠の茶屋'
地歌演奏家 上田恵子 オフィシャルサイト
Profile
http://img-cdn.jg.jugem.jp/73b/297882/20070223_131551.jpg
イベント情報
4/19(fri) 上田恵子と田所ヨシユキ 春に舞う唄と音(ね) スペシャルライブ

START
19:30

入場料
3000円

定員
40名(要予約)
※飲食持ち込み可

会場
yoshidamachi Lily
231-0041
神奈川県横浜市
中区吉田町4-9

TEL045-315-7935
(JR関内駅北口徒歩6分)



4/21(sun)
中村裕介流
SALON LIVE vol.84


GUESTとして参加します

OPEN
16:00

START
17:00

入場料
3500円

定員
40名(要予約)
※飲食持ち込み可

会場
WATER COLOR STUDIO
236-0017
神奈川県横浜市
金沢区西柴1-6-4

TEL045-701-2971
(京浜急行能見台駅より徒歩7分)



4/26(fri)
いとたけらいぶ


尺八:
林 雅寛

箏・三絃・唄:
上田 恵子

START
19:00
演奏開始

入場料
投げ銭

2000円

・オードブル
・お食事
・1ドリンク
※飲食は18:00から可能

定員
40名(要予約)

会場
ターブルドート
220-0055
神奈川県横浜市
西区浜松町1−19

TEL045-315-2504

ON SALE
去り行く夜に、
ここにある日々に。
1st mini album releace
"tsuki no hikari"
上田恵子
1,500yen(税込)

現在CDの売上の全額を
東日本大震災の
義援金として送金致します。

【収録曲】
1 黒髪
2 月の光
3 白鳥
4 戦夜
全4曲収録
TOUGE NO CHAYA Records.
TNC KU-001
RELEASE DATE:2007/11/30
出張ライブ承ります。
和座敷で、ゆっくりと寛ぎながら、昔の日本人が作り出した音楽を聴いて頂きたいのです。
現在、料亭・バーなどの親密感のあるスペースを中心に、ひとり地歌ライブ(三味線古典曲)で活動中。ご希望があれば、お箏の演奏も致します。個人宅でもどこへでも三味線を持って演奏に行きます!
(演奏内容や出演料等は要相談)
問合せ
LIVEの詳細
チケット、CDの購入方法
出演依頼など、
すべてのお問い合わせは
ziuta-keiko-syamisen@nifty.com まで
視聴と文筆
[視聴]
左の再生ボタンをクリックすると視聴可能です。

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
千鳥の曲 1:06

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
黒髪 2:25


アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
春の海 1:18


[文筆など]




少し連載させていただいています。
(2011年6月〜10月)


放送されています。。


ライブでの演奏をビデオで
見ることができます。


CDに収録された音源を
視聴できます
New Entries
Recent Comment
Archives
Links
mobile
qrcode
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Sponsored links
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
シュワッチ

気合を入れるウルトラマンの掛け声。

 

師走に入り、毎日バタバタ。

やらなければならないことの隙間に、今はやらなくてもいいことを入れたり、でもそれが上手くいかずに時間だけ食ってしまったり。

 

そろそろ日程時間割をしっかりと決めて挑まねばならん。

やっつけで出来ることは1つもない。

 

1月20日「地歌Modern  vol.5」、このスタイルのコンサートでははじめて箏を弾く。

しかも珍しく、三味線よりも箏の出番のほうが多いかも。

 

日々修行。

 

20181216_2168064.jpg

 

来年の古典演奏会や師匠のところの勉強会など、暗譜もさることながら、普段は古典ばかり弾いているワタシにとって、今どきの曲は練習を要する。

 

箏の口前に描かれたトンボ。

勝ち虫ともいわれるらしい。

どうか勝ってくれぃ。。(何に勝ちたいのか・・・)

 

まあそうは言うものの、演奏会やコンサート、大小かかわらずどんなことも、1つ1つが毎回全力投球。

年とともに、体力に反比例し、これでもかぁ〜〜〜〜〜ってくらいやらねば気が済まぬ。

 

そしてやっているうちに、それがかなりのお楽しみになるのだから不思議。

そういえば、ピアニストの友達が「本番までもう軽いうつ状態だったのに、本番が終わったらまた弾きたくなるのよね〜💛」

 

軽いうつ状態まで自分を追い込んで、本番で楽しむ。

みんな同じやわ。

 

生活すべてがミュージック。

 

焦る反面、ワクワクもとまらない。

なんと幸せなことだろうか。

 

その混沌としたなか、「佃女子会💖忘年会」へ。

佃の女子たちは素晴らしく魅力的。

 

みんな人に媚びることなど無縁で、真摯に人生と向き合い、尚且つカッコよく生きている。

ワタシの理想の女子たちなのだ。

 

久しぶりの月島。

電車を降り、地上に出たときのあの「うっわーやっぱ中央区、大都会やー」感。

 

そして懐かしい道を歩き、会場へ。

J子さん宅に、勇ましき女子たちが集う。

 

すべて手作りの素晴らしい食卓。

中でも、J子さんお手製の「塩釜豚」。

 

20181216_2168066.jpg

 

平成最後の忘年会。

ふうさんお手製オリジナルデザートは、どこそこの高ーいケーキの10倍美味しかった。

 

20181216_2168068.jpg

 

佃女子の皆さん、ありがとうございました!

元気をいーっぱいいただきましたヽ(^。^)ノ

 

さて、ワタシもシュワッチと気合を入れて、今年を駆け抜けるぞー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: 上田恵子 | - | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 18:47 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://tougenochaya.jugem.jp/trackback/2928
トラックバック