上田恵子 '峠の茶屋'
地歌演奏家 上田恵子 オフィシャルサイト
Profile
http://img-cdn.jg.jugem.jp/73b/297882/20070223_131551.jpg
イベント情報
8月17日(金)
「邦楽インタラクティブコンサート」

会場:

磯子区文化センター
「杉田劇場」(らびすた新杉田4F)

JR根岸線シーサイドライン
「新杉田駅」下車3分
京浜急行「杉田駅」下車5分
〒235-0033
横浜市磯子区杉田1-1-1
045(771)1212

開演:
13:00
※上田は十五番
「尾上の松」に出演いたします。
ON SALE
去り行く夜に、
ここにある日々に。
1st mini album releace
"tsuki no hikari"
上田恵子
1,500yen(税込)

現在CDの売上の全額を
東日本大震災の
義援金として送金致します。

【収録曲】
1 黒髪
2 月の光
3 白鳥
4 戦夜
全4曲収録
TOUGE NO CHAYA Records.
TNC KU-001
RELEASE DATE:2007/11/30
出張ライブ承ります。
和座敷で、ゆっくりと寛ぎながら、昔の日本人が作り出した音楽を聴いて頂きたいのです。
現在、料亭・バーなどの親密感のあるスペースを中心に、ひとり地歌ライブ(三味線古典曲)で活動中。ご希望があれば、お箏の演奏も致します。個人宅でもどこへでも三味線を持って演奏に行きます!
(演奏内容や出演料等は要相談)
問合せ
LIVEの詳細
チケット、CDの購入方法
出演依頼など、
すべてのお問い合わせは
ziuta-keiko-syamisen@nifty.com まで
視聴と文筆
[視聴]
左の再生ボタンをクリックすると視聴可能です。

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
千鳥の曲 1:06

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
黒髪 2:25


アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
春の海 1:18


[文筆など]




少し連載させていただいています。
(2011年6月〜10月)


放送されています。。


ライブでの演奏をビデオで
見ることができます。


CDに収録された音源を
視聴できます
New Entries
Recent Comment
Archives
Links
mobile
qrcode
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Sponsored links
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
年に1度

年に1度のお墓参り。

 

両親のいる施設に10年くらい、月に1回行っていたのでたぶん、なんてこたぁない。

そしてなにより、生前の父の「オマエー、年に1回は必ず墓に参りにこいー絶対ぞー」の言葉。

 

8日福岡入り。

がしかし、大変な災害で大丈夫だろうか。

 

お墓のある場所や、行った日に宿泊する北九州は大災害でもなかったようだ。

でも、高速道路の一部通行止めになっていたり、前日まで電車も動いたり動かなかったりで、現地に着くまで心配の嵐。

 

予定通り、羽田から北九州まで飛び、そして毎度車で空港まで迎えに来てくれる従姉夫婦は、高速通行止めにも関わらず、時間をかけて下を通ってお迎えに。

なんとも恵まれた、有難い待遇。

 

1年ぶりの懐かしい従姉夫婦とおしゃべりをしながら、父の本家へ。

あのあたりは災害も少なく、100年以上はたっているであろう古民家も健在。

 

子どもの頃からお墓参りに泊まりで来ていたので、唯一本家がワタシの「帰っていける家」。

従姉も古民家も、いつ行ってもあたたかく迎えてくれる。

 

ひとしきり過ごし、家族の眠る山寺へ。

 

みんなのいる納骨堂。

 

PhotoPictureResizer_180708_155912715-600x800.jpg

 

今年もきたよ。

いつも見守ってくれて、ありがとう。

 

ご住職と坊守さんとしばし歓談。

そして従姉に最寄り駅まで送ってもらい、高校同級生たちの集う小倉へ。

 

「ソニック号」という特急で行くのだが、なんと座席にチケット入れがついていた!

PhotoPictureResizer_180708_172159362-600x800.jpg

 

市松も真ん中あたり、小さなポケット。

すごーい!こんな電車、はじめてだー( ゚Д゚)

 

そして駅に着くたびに「乗車券入れの切符をお忘れなく」というような車内放送もある。

恐るべし、日豊線!

 

毎回、帰省するたびに集まってくれる同級生に心から感謝!ありがとう(^^)/

楽しい時間は飛行機よりもはやい。

 

最後はいつも一緒にお泊りのM子と3次会まで飲み、1時にお開き。

元気よねー

 

故郷の従姉やお寺、そして大好きな友達との時間。

また来年ね、お楽しみはなかなかこない(嫌な検査はあっという間なのに)。

 

翌日、M子と時間ぎりぎりまでおしゃべり。

そしてまた空港へ。

 

今回、行きも帰りも、初めての「非常口座席」。

この座席に座る人は、「万一の場合、緊急脱出時の援助をしていただきます。」ということで、

 

「乗務員が非常口を完全に開放するまでの間、ほかのお客様を制止すること。」

「乗務員の指示に従い、機外が安全であることを確認して非常口を操作し開放すること。」

「脱出スライドが膨らんだ後、ほかのお客様を速やかに脱出させること。」

「脱出スライドまたは脱出口下において後から脱出するお客様を援助すること。」

「速やかに機体から離れて遠くへ避難するよう声掛けをすること。」

by  スターフライヤー

 

これはもう乗務員さんの助手だ。

ということは、お客様の最後に脱出する。

 

いや、「よしよし、万が一になったら、いの一番で逃げられるじゃ〜ん♬」とか思う人はいないだろうか。

ワタシはどうだ、しっかりと声掛けをして補助できるだろうか。

一番にパニックにならないだろうか・・・そんなことはない、きっとアテンダントさんのように言葉遣いも「お客様、慌てず騒がず速やかな行動を!!」などと言っている・・・・

 

などと夢想しながら、窓のそとを楽しんでみていたのであった・・・

 

PhotoPictureResizer_180709_133816776-600x800.jpg

 

また来年、行きますよヽ(^。^)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: 上田恵子 | - | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 19:14 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://tougenochaya.jugem.jp/trackback/2852
トラックバック