上田恵子 '峠の茶屋'
地歌演奏家 上田恵子 オフィシャルサイト
Profile
http://img-cdn.jg.jugem.jp/73b/297882/20070223_131551.jpg
イベント情報
4/19(fri) 上田恵子と田所ヨシユキ 春に舞う唄と音(ね) スペシャルライブ

START
19:30

入場料
3000円

定員
40名(要予約)
※飲食持ち込み可

会場
yoshidamachi Lily
231-0041
神奈川県横浜市
中区吉田町4-9

TEL045-315-7935
(JR関内駅北口徒歩6分)



4/21(sun)
中村裕介流
SALON LIVE vol.84


GUESTとして参加します

OPEN
16:00

START
17:00

入場料
3500円

定員
40名(要予約)
※飲食持ち込み可

会場
WATER COLOR STUDIO
236-0017
神奈川県横浜市
金沢区西柴1-6-4

TEL045-701-2971
(京浜急行能見台駅より徒歩7分)



4/26(fri)
いとたけらいぶ


尺八:
林 雅寛

箏・三絃・唄:
上田 恵子

START
19:00
演奏開始

入場料
投げ銭

2000円

・オードブル
・お食事
・1ドリンク
※飲食は18:00から可能

定員
40名(要予約)

会場
ターブルドート
220-0055
神奈川県横浜市
西区浜松町1−19

TEL045-315-2504

ON SALE
去り行く夜に、
ここにある日々に。
1st mini album releace
"tsuki no hikari"
上田恵子
1,500yen(税込)

現在CDの売上の全額を
東日本大震災の
義援金として送金致します。

【収録曲】
1 黒髪
2 月の光
3 白鳥
4 戦夜
全4曲収録
TOUGE NO CHAYA Records.
TNC KU-001
RELEASE DATE:2007/11/30
出張ライブ承ります。
和座敷で、ゆっくりと寛ぎながら、昔の日本人が作り出した音楽を聴いて頂きたいのです。
現在、料亭・バーなどの親密感のあるスペースを中心に、ひとり地歌ライブ(三味線古典曲)で活動中。ご希望があれば、お箏の演奏も致します。個人宅でもどこへでも三味線を持って演奏に行きます!
(演奏内容や出演料等は要相談)
問合せ
LIVEの詳細
チケット、CDの購入方法
出演依頼など、
すべてのお問い合わせは
ziuta-keiko-syamisen@nifty.com まで
視聴と文筆
[視聴]
左の再生ボタンをクリックすると視聴可能です。

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
千鳥の曲 1:06

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
黒髪 2:25


アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
春の海 1:18


[文筆など]




少し連載させていただいています。
(2011年6月〜10月)


放送されています。。


ライブでの演奏をビデオで
見ることができます。


CDに収録された音源を
視聴できます
New Entries
Recent Comment
Archives
Links
mobile
qrcode
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Sponsored links
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
アリ

集団で蠢くアリは恐ろしい。

 

関西、四国、九州では大変な豪雨になっている。

福岡も大雨特別警報が出された。

 

どうぞ大きな被害がでませんように。

みんなが無事でありますように。

 

昨日夜遅く帰宅。

キッチンの電気をつけ、歩いているとなんとなく足にザラザラ感。

 

ふと下を見ると、横に長いアイボリーのキッチンマットの上に沢山のアリ。

蠢いている。

 

ぎゃ、ぎゃあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

アリ、蟻、🐜。

 

すぐにマットをベランダに出してパタパタパタ。

振り払って戻ってくると、床にアリの集団。

 

だ、だれかの嫌がらせか・・・・

 

床をふいて(もう指でつまんで生かして外へ、などと余裕のない)、とにかく姿を消してもらう。

深夜のキッチンでアリの集団と格闘。

 

なんとか姿を確認できないくらいに作業。

しかし、これまでアリなどキッチンで見たこともなかったのに、なぜこんなに大勢でおしかけてきたのか・・

 

しかも2階なのに。

 

そして今朝。

疲れた体に鞭打って朝食を作り、食べてボーっとしていると目のはしにとまった、アリ。

 

床を動く小さな黒いものに目を向ける。

ぎゃあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

今度は食堂とリビングの開き戸のところに行列をなして歩いている。

 

アンタたち、いったいなんなの・・・

またもや余裕などなく、一気に駆除。

 

それから床をくまなく目を皿のように小さな黒いものを探す。

 

老眼もかなり進んだ目に黒いものが映らなくなるまで、確認作業。

 

いやぁ、怖かったぁ。

 

アリはどんな習性なのだろうか。

誰かにくっついて、何かにくっついて2階まで運ばれたのか。

 

いや、あんなに沢山の集団、誰かにくっついてきたのであれば、それはもうアリ柄の洋服。

いったいなぜ・・・・

 

今でも2階に上がると警戒。

お願い、もういなくなって。。

 

日曜日は福岡へ年に1度のお墓参り。

北九州は大変な状況。

 

明後日、飛行機は無事に飛ぶだろうか・・・

アリを大量虐殺してしまったワタシ、運はあるのか・・

 

 

 

posted by: 上田恵子 | - | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 18:40 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://tougenochaya.jugem.jp/trackback/2847
トラックバック