上田恵子 '峠の茶屋'
地歌演奏家 上田恵子 オフィシャルサイト
Profile
http://img-cdn.jg.jugem.jp/73b/297882/20070223_131551.jpg
イベント情報
4/19(fri) 上田恵子と田所ヨシユキ 春に舞う唄と音(ね) スペシャルライブ

START
19:30

入場料
3000円

定員
40名(要予約)
※飲食持ち込み可

会場
yoshidamachi Lily
231-0041
神奈川県横浜市
中区吉田町4-9

TEL045-315-7935
(JR関内駅北口徒歩6分)



4/21(sun)
中村裕介流
SALON LIVE vol.84


GUESTとして参加します

OPEN
16:00

START
17:00

入場料
3500円

定員
40名(要予約)
※飲食持ち込み可

会場
WATER COLOR STUDIO
236-0017
神奈川県横浜市
金沢区西柴1-6-4

TEL045-701-2971
(京浜急行能見台駅より徒歩7分)



4/26(fri)
いとたけらいぶ


尺八:
林 雅寛

箏・三絃・唄:
上田 恵子

START
19:00
演奏開始

入場料
投げ銭

2000円

・オードブル
・お食事
・1ドリンク
※飲食は18:00から可能

定員
40名(要予約)

会場
ターブルドート
220-0055
神奈川県横浜市
西区浜松町1−19

TEL045-315-2504

ON SALE
去り行く夜に、
ここにある日々に。
1st mini album releace
"tsuki no hikari"
上田恵子
1,500yen(税込)

現在CDの売上の全額を
東日本大震災の
義援金として送金致します。

【収録曲】
1 黒髪
2 月の光
3 白鳥
4 戦夜
全4曲収録
TOUGE NO CHAYA Records.
TNC KU-001
RELEASE DATE:2007/11/30
出張ライブ承ります。
和座敷で、ゆっくりと寛ぎながら、昔の日本人が作り出した音楽を聴いて頂きたいのです。
現在、料亭・バーなどの親密感のあるスペースを中心に、ひとり地歌ライブ(三味線古典曲)で活動中。ご希望があれば、お箏の演奏も致します。個人宅でもどこへでも三味線を持って演奏に行きます!
(演奏内容や出演料等は要相談)
問合せ
LIVEの詳細
チケット、CDの購入方法
出演依頼など、
すべてのお問い合わせは
ziuta-keiko-syamisen@nifty.com まで
視聴と文筆
[視聴]
左の再生ボタンをクリックすると視聴可能です。

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
千鳥の曲 1:06

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
黒髪 2:25


アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
春の海 1:18


[文筆など]




少し連載させていただいています。
(2011年6月〜10月)


放送されています。。


ライブでの演奏をビデオで
見ることができます。


CDに収録された音源を
視聴できます
New Entries
Recent Comment
Archives
Links
mobile
qrcode
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
Sponsored links
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
祝賀会

今日、「沙羅短歌会」祝賀会にて、三味線を演奏させていただきました。

会主の伊藤先生はじめ、各会員の皆様、来賓の先生方、本当にありがとうございました。

 

おもえば毎年、母の日に開催される沙羅の会の祝賀会。

今年もよんでいただき、うれしい限り。

 

先生の達筆なこと達筆なこと。

 

PhotoPictureResizer_180513_170104874-800x600.jpg

 

着席される皆さんのテーブルの上に、先生直筆の名前を書いたもの。

結構な人数にもかかわらず、こういう手間をかけることろが先生のおもてなし精神だろうか。

 

伊藤先生は、ワタシのオリジナル「新大黒舞唄」の歌詞をおつくりになった方。

「ウエダさん、大黒さまの歌を作ったから曲をつけてみませんか。」からはじまり、「恵比寿さま」の歌や、前回の「一葉の恋」など、作品もどんどん増える。

 

今回は、「わたしは蛍」と「一葉の恋」の二番、の2曲を作成。

伊藤先生の歌の、日本語の美しい響きをいかに曲にのせるか。

毎回それが課題なのですが、やはりなんともむつかしい。。

 

それでも、「一葉の恋」は1番2番と、話の流れにそってなるべく聴いている人がその場面を想像できるような、そんな曲にできたかな、と・・・

 

これは永遠の課題です。

 

祝賀会のはじまりに、各来賓の先生方の祝辞をきかせていただくのだが、本当にわかりやすく、かつ深いお話。

その世界にたけて、なおも日々こつこつと精進されている方の言葉は、心の奥にとどく。

 

とっても幸せな時間でした。

 

さて、この「一葉の恋」、いつか皆さまの前でご披露できる日がくるでしょうか🎶

 

posted by: 上田恵子 | - | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:21 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://tougenochaya.jugem.jp/trackback/2819
トラックバック