上田恵子 '峠の茶屋'
地歌演奏家 上田恵子 オフィシャルサイト
Profile
http://img-cdn.jg.jugem.jp/73b/297882/20070223_131551.jpg
イベント情報
4/19(fri) 上田恵子と田所ヨシユキ 春に舞う唄と音(ね) スペシャルライブ

START
19:30

入場料
3000円

定員
40名(要予約)
※飲食持ち込み可

会場
yoshidamachi Lily
231-0041
神奈川県横浜市
中区吉田町4-9

TEL045-315-7935
(JR関内駅北口徒歩6分)



4/21(sun)
中村裕介流
SALON LIVE vol.84


GUESTとして参加します

OPEN
16:00

START
17:00

入場料
3500円

定員
40名(要予約)
※飲食持ち込み可

会場
WATER COLOR STUDIO
236-0017
神奈川県横浜市
金沢区西柴1-6-4

TEL045-701-2971
(京浜急行能見台駅より徒歩7分)



4/26(fri)
いとたけらいぶ


尺八:
林 雅寛

箏・三絃・唄:
上田 恵子

START
19:00
演奏開始

入場料
投げ銭

2000円

・オードブル
・お食事
・1ドリンク
※飲食は18:00から可能

定員
40名(要予約)

会場
ターブルドート
220-0055
神奈川県横浜市
西区浜松町1−19

TEL045-315-2504

ON SALE
去り行く夜に、
ここにある日々に。
1st mini album releace
"tsuki no hikari"
上田恵子
1,500yen(税込)

現在CDの売上の全額を
東日本大震災の
義援金として送金致します。

【収録曲】
1 黒髪
2 月の光
3 白鳥
4 戦夜
全4曲収録
TOUGE NO CHAYA Records.
TNC KU-001
RELEASE DATE:2007/11/30
出張ライブ承ります。
和座敷で、ゆっくりと寛ぎながら、昔の日本人が作り出した音楽を聴いて頂きたいのです。
現在、料亭・バーなどの親密感のあるスペースを中心に、ひとり地歌ライブ(三味線古典曲)で活動中。ご希望があれば、お箏の演奏も致します。個人宅でもどこへでも三味線を持って演奏に行きます!
(演奏内容や出演料等は要相談)
問合せ
LIVEの詳細
チケット、CDの購入方法
出演依頼など、
すべてのお問い合わせは
ziuta-keiko-syamisen@nifty.com まで
視聴と文筆
[視聴]
左の再生ボタンをクリックすると視聴可能です。

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
千鳥の曲 1:06

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
黒髪 2:25


アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
春の海 1:18


[文筆など]




少し連載させていただいています。
(2011年6月〜10月)


放送されています。。


ライブでの演奏をビデオで
見ることができます。


CDに収録された音源を
視聴できます
New Entries
Recent Comment
Archives
Links
mobile
qrcode
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
Sponsored links
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
休日

休日ってないんですけど・

 

昨日、日本大通り「ギャルリーパリ」にて開催されている「TINGATINGA ART EXHIBITION  2018」に行っていきました。

ずっと行きたかったのだけれど、やっといけた〜〜〜

 

主催の島岡ご夫妻、その奥様の由美子さんがこの度「アフリカ民謡 しあわせのなる木」出版も記念しての開催。

 

休日だからどこもかしこも大賑わいかと思いきや、そうでもなく、夕方だったこともあり会場もゆっくりと観てわれることのできる幸せ。

 

PhotoPictureResizer_180505_171745869-600x800.jpg

 

なんかなー写真、ほんとへったくそ・・・

 

会場には「TINGATINGA」アートや、アフリカ布、コーヒー、紅茶、スパイス、工芸品、書籍、などなど、沢山の魅力的なもの盛沢山!!

ワタシは書籍を購入。

 

PhotoPictureResizer_180505_183142223-600x800.jpg

 

「こういった口頭伝承も、時代の波にのまれ、廃れつつあるのも事実です。実際、私が住んでいるザンジバルも、30年の年月でラジオからテレビへの移り変わりや携帯電話の急速な普及などにより、生活スタイルがずいぶん変わってきています。私は、ここで語り文化が終わろうとしているぎりぎりの時代に居合わせることができたのだなと感じています。そして、今度はこれからのお話を、ご自身の声で身近な人に伝えていただけたら、こんなにうれしいことはありません。」

本の帯の裏に記されていました。

 

本当にそうですよね。

ワタシも、日本の伝統音楽を少しでも知っていただき、楽しんで、そしてそれをまた他の知らない人に伝えてほしい。

 

アフリカと日本。

思うところはおんなじです。

 

遠いアフリカに思いを馳せながら、目の前のことに励んでいこう!

ギャルリーパリの森田さん、久しぶりの再会、うれしかったです!

ありがとうございましたヽ(^。^)ノ

posted by: 上田恵子 | - | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 21:50 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://tougenochaya.jugem.jp/trackback/2813
トラックバック