上田恵子 '峠の茶屋'
地歌演奏家 上田恵子 オフィシャルサイト
Profile
http://img-cdn.jg.jugem.jp/73b/297882/20070223_131551.jpg
イベント情報
4/19(fri) 上田恵子と田所ヨシユキ 春に舞う唄と音(ね) スペシャルライブ

START
19:30

入場料
3000円

定員
40名(要予約)
※飲食持ち込み可

会場
yoshidamachi Lily
231-0041
神奈川県横浜市
中区吉田町4-9

TEL045-315-7935
(JR関内駅北口徒歩6分)



4/21(sun)
中村裕介流
SALON LIVE vol.84


GUESTとして参加します

OPEN
16:00

START
17:00

入場料
3500円

定員
40名(要予約)
※飲食持ち込み可

会場
WATER COLOR STUDIO
236-0017
神奈川県横浜市
金沢区西柴1-6-4

TEL045-701-2971
(京浜急行能見台駅より徒歩7分)



4/26(fri)
いとたけらいぶ


尺八:
林 雅寛

箏・三絃・唄:
上田 恵子

START
19:00
演奏開始

入場料
投げ銭

2000円

・オードブル
・お食事
・1ドリンク
※飲食は18:00から可能

定員
40名(要予約)

会場
ターブルドート
220-0055
神奈川県横浜市
西区浜松町1−19

TEL045-315-2504

ON SALE
去り行く夜に、
ここにある日々に。
1st mini album releace
"tsuki no hikari"
上田恵子
1,500yen(税込)

現在CDの売上の全額を
東日本大震災の
義援金として送金致します。

【収録曲】
1 黒髪
2 月の光
3 白鳥
4 戦夜
全4曲収録
TOUGE NO CHAYA Records.
TNC KU-001
RELEASE DATE:2007/11/30
出張ライブ承ります。
和座敷で、ゆっくりと寛ぎながら、昔の日本人が作り出した音楽を聴いて頂きたいのです。
現在、料亭・バーなどの親密感のあるスペースを中心に、ひとり地歌ライブ(三味線古典曲)で活動中。ご希望があれば、お箏の演奏も致します。個人宅でもどこへでも三味線を持って演奏に行きます!
(演奏内容や出演料等は要相談)
問合せ
LIVEの詳細
チケット、CDの購入方法
出演依頼など、
すべてのお問い合わせは
ziuta-keiko-syamisen@nifty.com まで
視聴と文筆
[視聴]
左の再生ボタンをクリックすると視聴可能です。

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
千鳥の曲 1:06

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
黒髪 2:25


アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
春の海 1:18


[文筆など]




少し連載させていただいています。
(2011年6月〜10月)


放送されています。。


ライブでの演奏をビデオで
見ることができます。


CDに収録された音源を
視聴できます
New Entries
Recent Comment
Archives
Links
mobile
qrcode
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
Sponsored links
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
演奏会

なんとも蒸し暑かった。

 

昨日までは「きっと暴風雨の中、ビショビショになりながら着物で演奏会かぁ」と思っていたけれど。

運よく、家を出る頃には晴れ間もあり、しかし強風と蒸し暑さ。

 

とはいえ、強風と雨、よりはまだマシか。

 

日本を代表する尺八の家元の三代目襲名披露の演奏会。

国立劇場小劇場で開催。

 

PhotoPictureResizer_180503_224156356-600x800.jpg

 

山田流筝曲、生田流筝曲の家元をはじめとする各社中の演奏など、聴きごたえもあり、劇場は満席。

さすがでございました。

素晴らしい演奏会でございました。

 

お祝いの会なので、楽屋の廊下にはずら〜〜〜っと素晴らしい蘭の鉢が並ぶ。

かなりの数のお花、楽屋の廊下に香しい空気を醸し出し、終わってから家に持ち帰ると、さぞや家中がお花の香で充満することでしょう。

 

ワタシも、師匠の社中で「吾妻獅子」を演奏させていただきました。

 

いやぁ、それにしても舞台はいつも暑い。

まわり舞台で、裏側に待機しているときからすでに汗がタラ〜なのだが、舞台がまわって緞帳が上がりライトが一段と強くなると、それはもう汗が滝のよう。

 

両サイドの流れる汗はまだ客席からは見えないが、オデコの真ん中を流れる汗は目立つ。

どうにか前髪の生え際で止まってくれよ、と祈り演奏。

 

ワタシのいる斜め前にマイクが置かれ、下手に間違えるわけにもいかず、しかし流れる汗も気になり。

とにもかくにも、無事に終わってよかったよかった。

 

さあ、また明日から精進精進。

1つ終わると1つはじまる。

きっと死ぬまで、この繰り返し。

 

 

 

 

 

posted by: 上田恵子 | - | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:16 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://tougenochaya.jugem.jp/trackback/2809
トラックバック