上田恵子 '峠の茶屋'
地歌演奏家 上田恵子 オフィシャルサイト
Profile
http://img-cdn.jg.jugem.jp/73b/297882/20070223_131551.jpg
イベント情報
6月2日(金)
「第四十七回生田流協会 奨励会」

会場:

紀尾井小ホール

入場料:
1000円

開演:
午後七時

主催:
生田流協会

162-0846
東京都新宿区市谷佐内町三
正派邦楽会館内
TEL03-3268-2965

上田は四番目「夕顔」に出演いたします。

ON SALE
去り行く夜に、
ここにある日々に。
1st mini album releace
"tsuki no hikari"
上田恵子
1,500yen(税込)

現在CDの売上の全額を
東日本大震災の
義援金として送金致します。

【収録曲】
1 黒髪
2 月の光
3 白鳥
4 戦夜
全4曲収録
TOUGE NO CHAYA Records.
TNC KU-001
RELEASE DATE:2007/11/30
出張ライブ承ります。
和座敷で、ゆっくりと寛ぎながら、昔の日本人が作り出した音楽を聴いて頂きたいのです。
現在、料亭・バーなどの親密感のあるスペースを中心に、ひとり地歌ライブ(三味線古典曲)で活動中。ご希望があれば、お箏の演奏も致します。個人宅でもどこへでも三味線を持って演奏に行きます!
(演奏内容や出演料等は要相談)
問合せ
LIVEの詳細
チケット、CDの購入方法
出演依頼など、
すべてのお問い合わせは
ziuta-keiko-syamisen@nifty.com まで
視聴と文筆
[視聴]
左の再生ボタンをクリックすると視聴可能です。

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
千鳥の曲 1:06

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
黒髪 2:25


アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
春の海 1:18


[文筆など]




少し連載させていただいています。
(2011年6月〜10月)


放送されています。。


ライブでの演奏をビデオで
見ることができます。


CDに収録された音源を
視聴できます
New Entries
Recent Comment
Archives
Links
mobile
qrcode
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Sponsored links
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
一葉の恋

 

今日、伊藤宏見先生主催「沙羅短歌会祝賀会」開催。

会にて、三味線を演奏させていただきました。

伊藤先生はじめ、会員の皆さま、本当にありがとうございました。

心から感謝いたします。

 

昨年から伊藤先生の「一葉の恋」に曲をつける、というお約束。

ついにきたぞ。

 

こうでもない、ああでもない。

やっぱりこっちか、いややっぱりあっちか。

 

試行錯誤のすえ、「こんなんできましたけど」

で、いいのか・・・

 

戸惑いと不安を胸に、会場へ。

 

伊藤先生は英文学が専門なのだが、日本文学や美術など、それはそれは専門がいくつもあるようなお方。

祝賀会のご挨拶でも、まるで講義をきいているように楽しい。

 

その先生の作品「一葉の恋」。

感じる限りの、いや、言葉にそう音を、ワタシなりに紡いでみた。

 

来賓の学会の先生方の祝辞のあと、いよいよお披露目・・・

 

今回は、「一葉の恋」と、もう沙羅短歌会の歌のような「新大黒舞唄」。

反応はどのような・・・・

 

「一葉の恋」を弾き終わると、先生「いやーよかった!すごくよかったよ!」との言葉。

オーマイ ゴー

 

な、なんと、「すごくよかった」いただきました(^^♪

 

司会の方も「本当によかったです。できませんが、できることなら私も歌ってみたいです」とまで!!

うれしいーーーーーーー

 

三味線一丁で弾き歌えることのできる曲。

独特ではあるが、詩をよむように、歌うように、ゆっくりときざむ。

 

ちょっと新境地か??

 

「一葉の恋」、伊藤先生にお褒めいただき、これよりうれしいことのない一日となりました。

 

伊藤先生の歌は、よむたびに、心を動かされる。

そんな素晴らしい歌に合う音。

 

ワタシなりの音を喜んでくださったこと、それがとてもうれしい。

本当に感謝です。

 

「上田さん、これ、持ってないならあげるよ。」

今日、伊藤先生にいただいた本。

 

DSC_0108-600x800.JPG

 

大好きな漱石と日本美術だって!?

これはお風呂に持っていけないな・・・

 

そういえば今日は。母の日。

まったく毎年と同じく、我が子らからは何もありません。

 

でも、それぞれが「今」を一生懸命に楽しく生きているなら、それがプレゼント。

それが一番のプレゼント。

 

posted by: 上田恵子 | - | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:49 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://tougenochaya.jugem.jp/trackback/2561
トラックバック