上田恵子 '峠の茶屋'
地歌演奏家 上田恵子 オフィシャルサイト
Profile
http://img-cdn.jg.jugem.jp/73b/297882/20070223_131551.jpg
イベント情報
1月13日(土)
第24回豊島区邦楽連盟演奏会
会場:

あうるすぽっと
(豊島区立舞台芸術交流センター)


開演:
午後2時30分(午後2時開場)

入場料:
2500円

お問い合わせ:
03-3981-5103
(各出演者/連盟事務局椎名方)

上田は8番目「出口の柳」に出演いたします。


ON SALE
去り行く夜に、
ここにある日々に。
1st mini album releace
"tsuki no hikari"
上田恵子
1,500yen(税込)

現在CDの売上の全額を
東日本大震災の
義援金として送金致します。

【収録曲】
1 黒髪
2 月の光
3 白鳥
4 戦夜
全4曲収録
TOUGE NO CHAYA Records.
TNC KU-001
RELEASE DATE:2007/11/30
出張ライブ承ります。
和座敷で、ゆっくりと寛ぎながら、昔の日本人が作り出した音楽を聴いて頂きたいのです。
現在、料亭・バーなどの親密感のあるスペースを中心に、ひとり地歌ライブ(三味線古典曲)で活動中。ご希望があれば、お箏の演奏も致します。個人宅でもどこへでも三味線を持って演奏に行きます!
(演奏内容や出演料等は要相談)
問合せ
LIVEの詳細
チケット、CDの購入方法
出演依頼など、
すべてのお問い合わせは
ziuta-keiko-syamisen@nifty.com まで
視聴と文筆
[視聴]
左の再生ボタンをクリックすると視聴可能です。

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
千鳥の曲 1:06

アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
黒髪 2:25


アルバム
「和の音 〜いにしえより〜」から
春の海 1:18


[文筆など]




少し連載させていただいています。
(2011年6月〜10月)


放送されています。。


ライブでの演奏をビデオで
見ることができます。


CDに収録された音源を
視聴できます
New Entries
Recent Comment
Archives
Links
mobile
qrcode
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
Sponsored links
Search
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
いたわしや

 

4月のはじめにかけてとっても忙しない。

 

今月もあと1週間。

あと、1週間しかない・・・

 

貧乏暇なし。

忙しいのに、お金が入るわけでなし・・・

 

いろんな場所での演奏をひかえ、練習。

三味線は糸を押さえるのに爪を使う。

 

で、こんなにいたわしい姿。

 

DSC_0332-600x800.JPG

 

ああぁあ、ボケボケ。

左手の人差し指、一番糸を押さえる指の爪。

爪の先っぽ、削られて痛い。

 

そろそろ紙とセロテープで補強が必要。

 

うちにいるときにはずっと練習。

時間がないのだ・・

 

と、そんなとき。

「1時間でも出てきてお茶しましょうよ。きっと気分転換になるわよ。」とお誘いくださったH美さん。

 

次女気質で、人から言われると「そっかなぁ・・」とうなずいてしまう。

 

前後は厳しいがその時間なら、と重い腰をあげて横浜東口ベイクォーターへ。

3Fのカフェで待ち合わせ。

 

昨年、少しお会いしたのだが、お話をする時間もなくだったので、「ご無沙汰です」のご挨拶。

相変わらず美人で溌剌としていて、素敵なH美さん。

 

あまりにも話が弾み、1時間30分がアッという間に過ぎた。

いやー元気になったぁ(^^♪

 

お土産にいただいた「手作り金柑ジャム」&「湯河原S農園無農薬レモン」

 

DSC_0331-600x800.JPG

 

H美さん、ありがとうございました!

 

女子?はおしゃべりがなによりのストレス発散。

お陰で今日もバリバリ練習が進んだ。

 

いたわしい指で、めげずに挫けずに1つ1つ丁寧にやっていこうじゃないか!

 

そういえばH美さん、綺麗なネイルをされていた。

ワタシに一番無縁なのは、オシャレな爪かなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

posted by: 上田恵子 | - | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) |-
リサイズ済み写真 - 1
DSC_0331-600x800.JPG
posted by: 上田恵子 | - | 18:39 | comments(0) | trackbacks(0) |-
リサイズ済み写真 - 1
DSC_0332-600x800.JPG
posted by: 上田恵子 | - | 18:23 | comments(0) | trackbacks(0) |-
分教室

 

生きて帰還できるとは・・・

 

もう20年近くになるだろうか。

 

区内のK小学校へ演奏へでかけてからのお付き合い。

途中ブランクはあるものの、このたびのワークショップに参加くださったS先生。

 

昨年の4月から、港南台にある「横浜医療福祉センター港南」の分教室に勤務されている。

お箏を子供たちに聴かせていただけないだろうか、ということ。

 

もちろんお伺いさせていただきますよ。

 

S先生の以前何年か勤務されていた上菅田特別支援学校の授業や文化祭にも、何回か演奏しにうかがった。

先生1人に、生徒が1人か2人の体制。

 

文化祭ではリングをつくって「プロレス」が行われており、「千手観音〇〇〜〜〜」というような、生徒に名前を付け衣装を着せて、先生と生徒が一緒にリングに飛び込む。

それはそれは楽しい、たぶんこれまで見た学校の文化祭では1位2位を争うレベル。

 

今回の分教室もお話いただき、とっても楽しみにしていた。

本日、その分教室での演奏。

 

S区に住んでいるワタシ。

以前、港南区に住んでいたので、久しぶりの港南台までのドライブ。

 

そのドライブが恐怖の時間・・・・・・

パソコンのみならず、慣れた道ならスイスイ行くものの、初めての道は恐怖でしかない。

 

授業2時間前にうちを出れば余裕だろう。。

 

なわけがなかった。

インターを降りてからが、地獄への道。

 

事前に知り合いから、どう行けばいいのか確認。

その道がまったく違うじゃぁないかぁ・・・・

 

途中何度もS先生に電話。

先生も道がわからず、ほかの先生にうかがうも要領を得ず。

 

コンビニに車をとめてお店のひとにきいたり、ウォーキング中のおジイさんにきいたり。

 

そしてついに目指す場所に到着。

インター地獄の1丁目からの、1時間の道のり。

 

ほとほと自分の地図読解力のなさが嫌になる。

 

着いたときには、口の中カラッカラ。。

 

少し休憩し、教室へ。

 

「ビリーブ」「はじめの一歩」「君をのせて」などみんなの好きな曲を、そして「春の海」などを演奏。

三味線も「ピコ太郎」「妖怪たいそう」「うれしいひなまつり」などなど。

 

ぱふぱふラッパも持参で、一曲弾くたびに「ぱふぱふぱふ〜〜〜」

鈴を鳴らしたり、みんな楽しそうにしていたなぁヽ(^。^)ノ

 

楽しかったなぁ

可愛かったなぁ

また会いたいなぁ

 

10人くらいの生徒たち。

みんな肌なんてシルクのようにすべすべで真っ白。

みんなの手をスリスリしながら、オバちゃんうっとり。

 

先生方、そしてみんな、ありがとうございました。

またみんなの好きな曲、いっぱい演奏しに行くからね🎶

 

最後に、「家庭科の時間にミシンで作りました」といただいた生徒さんの作品。

 

DSC_0326-800x600.JPG

 

すごいよね。

ワタシはミシンもダメダメよ・・・

 

音楽がつなげてくれる素敵な出会い。

音楽に感謝、今日出会った方々に感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: 上田恵子 | - | 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) |-
とらわれる

 

しばられていたり、とらわれていたり。

 

この数日、ネットがつながらない。

メールも確認できないありさま。

 

家人にどうにかつなげてもらい、やっとこさ確認できた。

 

ここにきて、忙しさ倍増。

ネットに接続できないことすら、「ああああーもーいっかぁーーーかかわってる時間ないしねーーー」

 

使わなくてもいいのなら使いたくないアナログ人間。

専門用語をきいてもわからないし、少しの異変もおっかなびっくり。

 

投げやりになってしまう、パソコン・インターネット。

 

あると便利。

瞬時に調べたいこともわかるし、情報も豊富。

 

携帯電話にしても、いまではなくてはならない代物に昇格。

 

しかし・・・

 

電車に乗れば、すぐに携帯をひらく。

外出時に忘れようものなら、引き返しても取りに行く。

 

パソコンも、少しでも不具合があれば、一人ではどうしようもないし、オロオロするばかりだ。

 

パソコンや携帯にとらわれてはしないか。

縛られてはしないか。

 

「なくてはならない」はずなのに、嫌になる。

 

パソコンインターネットを使わなくてもいい方法を探るしかない。

できればいいが・・・

 

とらわれるのはよくないことだ。

音楽演奏でも、なにかにとらわれていては、自由に楽しく演奏できない。

 

「ワタシはパソコンを使わないので、連絡はお手紙か電報でお願いします。」

こう言うことができればなぁ・・・

 

いやいや、それくらいのスタイルがあっていい。

この時代だからこそ、アナログ生活にあこがれる。

 

自分の価値観、それを信じて貫く。

それこそが、ワタシの求める道のはず。

 

といいつつ、パソコンに向かってブログを書いているワタシでございました・・・

 

 

posted by: 上田恵子 | - | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) |-
節分

 

春がきた。

 

実際はまだ真冬なのだけれど、少しずつ春はくる。

でもやっぱり、夏よりも冬のほうがワタシは生きていける・・・

 

今日は筝ワークショップ。

皆さんと楽しくお稽古(^^♪

 

帰りにお手伝いくださったYちゃんんとお昼ご飯。

今日もガッツリ「かつ丼」女子?

 

DSC_0317-600x800.JPG

 

すごいボリューム。。

 

お互いの近況に話が途切れることがない。

最寄り駅についてからも、気になっていたカフェでお茶&トーク。

 

そちらのお店のケーキが美味しいったら!

 

DSC_0319-600x800.JPG

 

Yちゃんはシフォンケーキ、ワタシはアップルケーキ。

個人でやっているお店のケーキ、いままであまり美味しいと思うお店はなかったのだけれど、こちらのケーキは美味しい!

 

沢山食べて沢山しゃべって。

いやー久しぶりにストレス解消🎶

 

気持ちが元気になるとヤル気も湧き出てくる。

さあ!明日っからまた、やったるでぇー(^^)/

posted by: 上田恵子 | - | 19:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-
寒いけれど

 

今日で1月も終わり。

 

22日に降った雪がいまだ残っているのに、明日夜からまた雪、とな。

先日のように大変にならなければよいのですが・・

 

やだぁ〜雪とかいっちゃって晴たじゃぁないのぉ〜

という能天気なことは思わないが、せめて積もらないでほしい。

 

朝起きるのがつらい。

バンジージャンプの心意気で起きる朝と、ぬくぬくお布団、極楽への扉を開ける夜。

 

極端な心境で過ごす真冬の日々。

 

そんなとき、もう何年も会っていない友人から手紙が届いた。

もう30年近いお付き合い。

 

毎年の年賀状のやり取りはあるのだが、会うことはほとんどなく、でも何年に一回くらいお手紙やらなにやら。

お昼頃、ポストをチェックすると、彼女の手紙。

 

あらびっくり!

そして手紙と一緒に、こんな可愛いお雛様。

 

DSC_0314-600x800.JPG

 

いやー写真で見るよりも実際のほうがうーんと可愛い。

うれしすぎ(*´▽`*)

 

手紙をいただいたことももちろんうれしいけれど、こんなカードも一緒とは🎶

ありがとうありがとう!

 

お互いに30年、いろんなことがあり、いまもいろんな悩みや苦しみがあり、でも前を向いて生きている。

手紙に淡々と綴られた近況は、また一歩前に踏み出すよ、とさりげなくいっている。

 

まだまだワタシタチ、踏ん張らなあかんね。

でもきっと、その中に幸せがうんと詰まっているんだよ。

 

暖かくなるころ、会えるといいなぁ。

話すことは山ほどあるね。

 

横浜チベットの寒い寒い空気。

吹雪に吹き飛ばされそうなとき、こんなにもあたたかな手紙が届いた。

 

明るい春に思いを馳せて、またワタシも一歩踏み出そう。

 

 

 

 

posted by: 上田恵子 | - | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) |-
大雪

 

何年か前にも確か大雪だった。

 

天気予報が見事に的中。

午前から雪。

 

子どもの頃は雪が降るとテンションが上がりまくり、犬のように外を駆け巡っていた(犬だったのかもしれない)。

あの頃が懐かしい・・・

 

午前のお稽古のお弟子さん、時間を少し早めてレッスン。

「午後から雪って言ってたのに、やっぱりS区は午前から降りますね。私の住んでいるA区もそうですけど。」

S区もA区も、市街地から数度気温が低い。

 

横浜は10センチ、などと言っているが、すでにもうウチのまわりは20センチくらい積もっている。

 

夕方4時頃撮影。

 

DSC_0311-600x800.JPG

 

家のなかにいる分にはいいが、今帰宅中とか、これから帰宅するという方々は大変だ。

電車は大幅に少なくなり、遅くなればなるほど、動かなくなる。

 

首都圏、雪に弱すぎ。

 

学校で論文を書いているHも、帰宅できないかもしれず。

寒い研究室で眠るのも風邪をひきそうだし、どうにか帰宅できても次の朝の交通状況があやしい。

 

帰宅困難者。

 

一日働いて疲れていらっしゃる皆さま、どうか無事に帰宅できますように。

そして事故など起こりませんように。

 

明日晴れても、しばらくは雪道氷道。

ただでさえ寒いS区は、なかなか雪はとけず、しかも凍って、午後になっても日陰などツルツルしている。

 

昔の栄光はどこへ。

首都圏のみならず、雪が苦手なワタシでした・・・

 

posted by: 上田恵子 | - | 19:01 | comments(0) | trackbacks(0) |-
大丈夫か・・

 

昨日、午後のお弟子さんレッスンの直前に、ピンポーン。

 

なんやなんや、これからお稽古やでぇ・・・

「ちょっと待っててくださいねー」とお弟子さんに言い、外に出る。

 

「警察のものですが、ご家族調査と最近の事件についてお話があります。」byピンポーンの警察の人。

 

な、な、なんやなんや、悪いことしてないでぇ・・・

 

たぶん何年も前にワタシが記入した「家族シート」?なるものを見せ、「これ、かわっていませんか?」by警察官。

はい、かわりませんけど。

 

そして、「今年に入り、振込詐欺がすでに区内でも5件発生しています。最近は、振込詐欺の犯人が捕まりあなたのキャッシュカードからお金が引き落とされているようです、確認のためそちらに伺いますのでカードを確認させていださい、という手口です。警察が個人のお宅まで取りに行くことは絶対にありません。個人的な受け渡しはしないので、お気を付けください。」と警察の人。

 

ほおー警察を装うんですねー

 

いや、しかし・・・

「振込詐欺犯人が捕まって、誰々のカードでお金を引き落とした、と言ってるから調べる必要がある。大至急カードの提示を!」とまるで警察官みたいな方から電話で言われたら、信じてしまうのではないか・・

 

ワタシ、騙されるかも。

 

巧妙な手口、「自分は大丈夫」と言い切れない。

 

最後に、「これを電話の近くにおいてください。」と警察の人。

 

DSC_0307-600x800.JPG

 

ああああ、区の名前が・・

 

自分に自信のないワタシは、家の電話の横にしっかりと置いたのでありました。

皆さまも十分にお気を付けくださいませ(^^)/

 

posted by: 上田恵子 | - | 18:59 | comments(0) | trackbacks(0) |-
経験だなぁ

 

昨日、「第24回 豊島区邦楽連盟 演奏会」開催。

お越しくださいましたお客様、ありがとうございました。

 

メトロ有楽町線「東池袋駅」直結の、会場となった「あうるすぽっと」(豊島区立舞台芸術交流センター)。

池袋駅から歩いてもいけるのだが、東池袋まで行ったほうがはやい。

 

早朝の美容院、そして舞台稽古に間に合うように10時30分目指して、着物で会場へ。

会場到着から30分ほどでもうリハーサル。

 

ぎりぎりの時間だけれど、どうにか間に合うはずだ。

 

最寄りのS駅から相鉄線。

F駅で急行に乗り換える。

 

しばらくすると車内放送。

「ただいまH駅において人身事故が発生いたしました。これより電車はH駅にて一旦停車いたします。」

 

な、な、なにー

 

そして次のH駅に到着すると、「ただいま全線不通になりました。約一時間ほど停車いたしまして....」

乗客たちはいっせいに携帯でどこかへ連絡している。

 

ワタシはすぐに電車を降り、演奏会会場の方に事情を説明し、バスかタクシーで横浜駅に向かおうと思っていた。

がしかし、みんな横浜駅を目指す人ばかりで、大通りのバスはみんなぎゅうぎゅう詰め、タクシーの空車はなし。

 

ど、どうする・・・

 

横浜駅まであと4駅。

歩くには40分以上かかる、しかも着物に草履。

 

長蛇のバス停で途方に暮れていると、お若い女性が「いま、タクシーを呼びました!何方か一緒に乗車される方はいませんか?」

ほとんどワタシの目の前で同乗者を募っていた。

 

はい!はい!はい!!!ワタシのります!のせてください!!!

 

「7,8分でタクシーくるそうです。」by お若い女性。

 

人身事故で電車がとまり、北風の寒い中、着物で大通りまで走り、長蛇のバス停に並び、途方に暮れていた。

彼女はお友達の結婚式で、遅れるわけにはいかず、すぐに携帯で何社かのタクシー会社に電話をし(どこのタクシー会社も車はない、とのこと)たった一社だけ当たりでよぶことができた。

 

オバちゃんと若い子の差。。

 

それからほどなくタクシー到着。

そしてワタシは横浜駅から無事に東池袋へ行くことができたのであった。(共演者の先生方が舞台稽古の順番をかえて待機してくださっていたという幸運)

 

本番は夕方からだったので、最悪間に合わなくてもどうにかなったのかもしれない。

しかし本番が午前だったら・・・・

 

あのお若い女性は女神様。

結婚式のため、普段だったら着こんだだろうに、パーティー仕様の短いワンピースにストッキングとパンプス。

寒空にはつらい装い。

 

本当にあの時はありがとうございました。

あなたの迅速な対応で、ワタシも無事に事なきを得ました。

 

いやぁ、こんなことがあるんですね・・・

生まれて初めてのとこでした。。

 

何事も経験。

自然災害の備えもしかり、人身事故のときの迅速な対応もしかり。

 

彼女、間に合ったかなぁ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: 上田恵子 | - | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) |-